【e燃費コラム】軽量化による燃費改善はどれくらい?


こんにちは!ユルイネタ担当のヨシダです。

960921

◆blog.e-nenpi企画第15弾は、コラム企画「軽量化による燃費改善はどれくらい?」。

blog.e-nenpi企画第15弾は、コラム企画です。

以前、重量別燃費ランキングを掲載しましたが、今回は、エコドライブの基礎としてよく提唱される「軽量化」。すなわち余計な荷物を下ろすことですが、この軽量化による燃費改善は具体的にはどのくらいの値なのか、というのを考察してみたいと思います。

 

 

◆260kgの重量増で7.5~13.3%燃費悪化?

JAFが発行する「JAFMATE」の2002年10月号(ちょっと古いですが)、によると260kgの重量増で7.5~13.3%燃費悪化に繋がるそうです。すなわち単純計算すると1kgあたり0.02%~0.05%の悪化が想定できる、ということです。

 

 

◆「ガソリン節約のための 燃費の本」では

この重量による燃費悪化についても、様々な機関が検証しています。なので、ご参考として実証実験の一例を紹介しておきたいと思います。

以前にも参考にさせていただいた燃費ギネス記録の達人、宮野氏著の「ガソリン節約のための 燃費の本」でもこの検証がなされているので、ご紹介したいと思います。

本書の検証では、ドライバーのみ乗車時の燃費は、24.32km/L。ドライバーに加え、大人3名が、乗車した時(200kg増)の燃費が22.99km/Lと書かれています。

つまり、200kg増で、1.3km/L燃費が悪化したことになり、元々の燃費である24.32km/Lから5%の悪化が見られます。

すなわち1キロあたり0.025%の悪化となります。

 

 

◆総括「それなりのコストカット」

それぞれの検証はおおよそ同じ値であることが、見られるかと思いますが、仮に不要な荷物やスポーティな軽量化を行い、100kg軽くなったとすると….

年間5000kmで約8リッター、10000kmで16リッターの節約になります。

現在ガソリン価格が120円位なので、5000kmで960円、10000kmで1920円

日々の昼食をちょっと豪華にすることができるくらいの金額ですが、距離を走れば走るほどお得には間違いないので、皆さんこの機会に「軽量化」を図ってみてはいかがでしょうか。

我々e燃費編集部も検証を試みたいと思います。

 

◆e燃費

e燃費では、レシート/オドメーターの画像投稿機能やアプリ/サイト改善によって、より多くのユーザーに正確な給油データを投稿いただくプラットフォームを提供し、それらの実燃費データを広く提供することにより、ひとりでも多くのドライバーにエコドライブの意識を持っていただくようこれからもサービス改善に努めてまいります。

【実用燃費ランキングを見たい方はこちらから!】
e燃費 燃費ランキング

e燃費くん-09

About YoshidaRyo

e燃費プロデューサーのヨシダです。 若者の車離れのが叫ばれる今では珍しい車好きの若者です。 マイカーはありませんが、レンタカーやカーシェアを利用し多くの車に乗ってきました。 車中泊で10日かけて本州と九州、四国を周り5300km走ったり、夏休みを利用して北海道までフェリーでいったりと様々なドライブを楽しんでいます。 これからコンテンツ作成に尽力して参りますので、こんなランキング、コンテンツをやってほしい等、ご要望いただければ、なるべくお応えしていきます。 様々な車でe燃費を利用し、サービス向上に努めています。皆さまもどんどんご要望をお寄せいただければ幸いです。